imini(イミニ)リペアセラムの全成分や副作用・危険性は?

imini(イミニ)リペアセラムには、どのような成分が配合されているのでしょうか?
化粧品に含まれている成分によっては、肌荒れなどの副作用を起こすこともあります。
敏感肌の人にとっては、新しい化粧品には不安もありますよね。

そこで、imini(イミニ)リペアセラムに配合されている全成分と効果・副作用について紹介してみましょう。

BG
ブチレングリコールの略。化粧品の抗菌や肌の保湿効果を高める。アルコールの一種だけど、刺激は少ないので、ほとんどの場合、問題なく使える。
スクワラン
肌に潤いを与える成分。乳液や美容液の多くに配合されている。
グリセリン
アルコールの一種です。保湿や潤滑に効果的で、食べ物に甘みを与えるためにも用いられる成分です。
ペンチレングリコール
防腐効果のある成分です。化学的な成分ですが、古くから使われているもので、高い安全性は認められています。
パントエア/コメヌカ発酵エキス液
imini(イミニ)リペアセラムの代表的な成分の一つで、パントエア菌LPSのことです。米に生息している菌から生成された免疫効果のある成分で、高い安全性が認められています。
水添レシチン
乳化剤として使われています。
ダイズステロール
大豆から抽出される植物性ステロール。大豆には、お肌に潤いを与える効果があります。
アルカリゲネス産生多糖体
海藻やこんにゃく芋由来の成分です。豊富なミネラルが含まれているので、肌に栄養を与える効果もあります。
キサンタンガム
土の中の微生物から作られる成分です。乳液として粘り気を出し、分離しないようにするために使われています。
センチフォリアバラ花油
センチフォリアバラというバラの花から抽出された成分です。保湿や美白効果があるとされています。甘美な香りがして、リラックス効果もあります。
エチルヘキシルグリセリン
アルコールの一種で、バクテリアを抑制する働きがあります。肌に刺激の少ない成分です。

このように、imini(イミニ)リペアセラムには肌に刺激を与える成分は含まれていません
だから、敏感肌・肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすい方でも、imini(イミニ)リペアセラムは安心して使えるオールインワン乳液・美容液です。

↓imini(イミニ)リペアセラム公式サイトはこちら↓
imini リペアセラム