imini(イミニ)リペアセラムのLPSとは?

imini(イミニ)リペアセラムには、様々なスキンケア成分が配合されていますが、その中でも特に注目すべきなのがパントエア菌LPSです。

最近、テレビや雑誌の特集でもパントエア菌LPSが取り上げられ、注目度が高まっていますが、実はかなり歴史のあるものです。
1983年にLPSが東京大学名誉教授の水野傅一薬学博士が、最初に発見しました。
LPSとはリポ=ポリ=サッカライドの略称で、米ぬかなどに生息するパントエア菌から作られる免疫細胞を刺激する働きのある多糖類(デンプンなどのように糖が複数結合した物質)です。
その後の研究では、1992年にLPSの働きについて大きな発見がありました。

パントエア菌LPSに発見された効果

  • LPSをアレルギーの子どもに投与することで、アレルギーを抑えられた
  • 抗ガン剤の副作用である免疫細胞の減少が抑えられた

このような免疫機能への働きかけが確認され、2006年には産学官連携でLPSについての研究が始められています。

産学官連携を確立

ただ、誤解のないように追記しておくと、LPSがガンを治療したり、予防したりする働きではありません。
あくまで、抗がん剤の影響を抑えられることが確認されたということです。
ときどき、LPSについて紹介しているサイトで、「ガンに効果あり」というような記述を見つけますが、それは正しくありませんので、注意しましょう。

しかし、それでもimini(イミニ)リペアセラムに配合されているパントエア菌LPSには、お肌の健康維持に効果的な働きが確認されているのは事実です。
年齢とともに減少していくハリや弾力には、コラーゲンやヒアルロン酸の減少が影響しています。
そして、imini(イミニ)リペアセラムのLPSには、コラーゲンやヒアルロン酸をサポートし、お肌のハリや潤いをサポートする働きがあります。

また、パントエア菌LPSは水にも油にもなじむ両親媒性です。
だから、水と油の両方からできている人の肌になじみやすく、角質にまでしっかりと、パントエア菌LPSは浸透します。
口コミ・評判でもimini(イミニ)リペアセラムは浸透力がある・お肌によくなじむ、というものが多かったです。
それは、imini(イミニ)リペアセラムに含まれているパントエア菌LPSを含めた成分の浸透力によるものです。

↓imini(イミニ)リペアセラム公式サイトはこちら↓
imini リペアセラム