フラーレンと言えば、化学を習っていれば名前は聞いたことあるものでしょう。炭素がサッカーボールのように結合した物質で、その独特のな形や性質から多くの化学者たちの興味を惹きつけています。フラーレンの発見者にはノーベル化学賞が送られ、世界中でも注目されている物質です。さて、化学者にとって興味深いフラーレンですが、実は美容業界でも大変注目を集めています。特に基礎化粧品として、高いアンチエイジング効果を発揮すると言われています。それは非常に高い抗酸化力によるもので、ビタミンCの170倍にも及ぶというデータも出ているようです。また、コラーゲンの生成を促進する効果もあり、プラセンタの800倍にも及ぶと言われています。安全性に関しては重大なトラブルも報告されておらず、医療現場でも使用される実績もあるため、信頼できるものと考えられています。

抗酸化作用の違い

フラーレンを含んだ化粧品は、高い抗酸化力と持続力が大きな特徴です。ビタミンCなど他の抗酸化成分は自分自身が酸化されることで活性酸素を抑えます。一方で、フラーレンは活性酸素を吸着する働きをします。活性酸素を吸着できるだけ吸着し、肌の新陳代謝で自然と排出される仕組みとなっています。また活性酸素にも様々な種類がありますが、吸着できる活性酸素の数が多いことも特徴として挙げられます。さらに、非常に安定性に優れているため、肌の角質層の長く留まることができます。肌にフラーレンを含む化粧品を塗ったとして、およそ12時間程度は持続すると言われています。このようにフラーレンは非常に優れた美容成分ですが、化粧品として他の美容成分との組み合わせることで相乗効果を発揮します。例えばビタミンCは不安定な成分であり酸化されやすい成分ですが、フラーレンを配合することにより酸化から守る役割をしてくれます。フラーレン自身の抗酸化作用と、他の美容成分も十分に働くため一石二鳥なのです。

肌の白さを保つため

肌は、活性酸素による刺激を受けると、防御のためにメラニン色素を多く生成するようになります。そのメラニン色素が増えることが、シミの原因です。活性酸素は、ビタミンCによって除去されるので、ビタミンCはシミ対策用の美白化粧品に多く配合されています。しかし昨今では、フラーレンも美白化粧品に配合されるようになっています。フラーレンには、ビタミンCの100倍以上もの活性酸素を除去する力があるのです。具体的には、フラーレンは肌の内部に存在している活性酸素を吸着し、その状態で肌から排出されていきます。活性酸素が減れば、肌が受ける刺激も減り、肌はシミができるほどのメラニン色素を生成しなくなります。その結果、肌の白さが保たれやすくなるのです。

肌質を確認してから使用

フラーレンには、水に溶けやすい水溶性のものと、油に溶けやすい脂溶性のものとがあります。肌には水も油も含まれていますが、その量は個々で異なっています。したがってフラーレンは、肌質によって使い分けることが肝心とされています。水分量の多いみずみずしい肌をしている人の場合、水溶性フラーレンが配合されている美白化粧品だと、より効果が出やすくなります。逆に脂性肌の人の場合、水溶性フラーレンでは浸透しにくいため、脂溶性フラーレンが配合されている美白化粧品を使用する必要があるのです。また、昨今では水溶性と脂溶性の両方のフラーレンが配合された美白化粧品も販売されるようになっています。体調や季節によって肌質が変化する人の場合、これを使用することが効果的です。

画期的なもの

日々進化がみられているのが化粧品ではないでしょうか。毎年のように新たな成分が発見され、化粧品のもととなり提案されています。そして近年注目を集めているのがフラーレンというもので、美容意識の高い方にはスタンダードなアイテムともなっているようです。フラーレンには、美容の大敵のひとつである老化やトラブルの要因ともなる活性酸素を除去する能力に優れているのです。その能力がまた飛び抜けておりビタミンCの100倍から200倍近くとも言われています。またプラセンタをはるかにしのぐコラーゲン生成能力もあります。そしてフラーレンこれからの可能性を認められている成分で、発見者にはなんとノーベル賞が贈られているのも注目の理由としてあるのではないでしょうか。

フラーレンはまだまだ未知なる部分が多くある成分です。化粧品だけでなくさまざまな分野での活用も期待されているようで、それぞれの専門機関が研究を行い安全性などの確認を行っています。そんなことからフラーレン配合化粧品を選ぶポイントは、信頼できるメーカーなのか安全性はどうなのかといった基準が求められるのではないでしょうか。あるフラーレン配合化粧品には、皮膚科の医師が開発したものがみられています。数多くの患者を治療した経験をもつことから、さまざまな肌データをもとに医師ならではのこだわりがプラスされたものです。そこにはフラーレンで活性酸素を取り除き、そしてAPPSで美容成分を浸透させるという流れが意識されているようです。

ノーベル賞受賞成分

フラーレンは1996年に発見され、発見者はノーベル賞を受賞しています。特徴はダイヤモンド等と同じ炭素同素体で、サッカーボールのような形をしています。そしてその性質には、老化の原因である活性酸素を吸着する、ビタミンCのおよそ120倍もの抗酸化作用がある、またプラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用があるなどがあります。その性質から化粧品に用いられ、人気が出ています。フラーレン化粧品には具体的に、コラーゲンの生成によるシワ・たるみの改善で肌にハリが出たり、抗酸化作用によりシミ・そばかすの原因となるメラニンを抑制する事で肌が美白になる、などの効果があります。また、それらの効果により肌に潤いが維持できるため、肌を守り、ニキビ、吹き出物、乾燥、黒ずみを予防する事ができます。

効果を最大限引き出す

では、それほど効果が期待できるフラーレン化粧品をより効果的に使うには何に気をつけなければならないでしょうか。その点について見ていきます。いくら効果の高いフラーレン化粧品でも誤った使い方をしては、しっかりとした効果は得られません。例えば、洗顔やクレンジングの際に肌をこすり過ぎて肌を傷つけてしまっては意味がありません。肌の汚れを落とそうと必死になり肌に刺激を与えすぎないように注意が必要です。もちろんメイクの際にも注意が必要です。肌荒れや毛穴を隠そうとファンデーションなどでベースメイクをする際に肌にこすり付けるのはよくありませんし、アイメイクなどでも肌にダメージを与えてしまわないように気を付けなければなりません。しかしながら、以上の点に気を付ければ、フラーレン化粧品の高い美容効果を実感できるでしょう。

綺麗なボディラインを保ちたいという女性にとっての天敵がセルライトと呼ばれているものです。セルライトとは、身体にできてしまう凸凹のことだと言われています。セルライトは、基本的に太ももやおしりに出来やすいと言われています。セルライトは、女性だけではなくて男性にもできますが、セルライトを気にするのは基本的に女性が多いです。何故なら、女性はスカートを履くとか水着になるとか、肌を露出する機会が多いからですね。セルライトは、新宿などのエステにて除去することも可能です。セルライトができてしまって、困るという方は一度、新宿などのエステサロンに足を運んでみてはいかがでしょう。

そもそもセルライトとは一体どういう原理で発生するのか、疑問に感じている人も多いと思われます。そのため、疑問を解消する為に、セルライトの特徴を一部ご紹介します。セルライトの特徴の一つが、皮下脂肪組織に水分や老廃物といった要素が溜め込まれることによってできるという点が挙げられます。皮下脂肪組織に溜まってしまった、水分や老廃物が組織内の他の成分に絡みあう結果、固定化してしまうのです。固定化してしまったことによって、太ももやおしりに凸凹ができてしまうことに繋がります。
セルライトは、放置しても基本的には治りにくいので、早めに新宿エリアにもあるエステサロンにてセルライト除去施術を受けて、セルライトを除去してもらうことがオススメだと言われています。

おすすめの記事